東京、横浜、川崎ハウスクリーニング・クリーンハウスサポートサービスの作業スタッフ紹介

クリーンハウスサポートサービス

ハウスクリーニングスタッフ(こんな人が来ます)

店長写真

■プロフィール■

●氏名

小島 毅(コジマ タケシ)


●年齢

50歳


●最終学歴

横浜商科大学商学部商学科卒業(1993年)


●取得資格

★調理師

★普通自動車一種

★宅地建物取引士(登録番号第60456号)


●家族

妻、一女

■略歴■

●卒業からハウスクリーニング従事まで●

●生まれてこの方日吉生まれ日吉育ちです。小中学校を地元の市立学校に通い高校受験は勉強量ゼロで希望校受験に見事に失敗。県立高校を卒業しました。時代の幸運(バブル景気)もあって一浪させて頂いてなんとか大学入学。一番受験人口が多い受験戦争世代です。大学時代は学校の勉強はそこそこに3年の終わり位から大前研一に傾倒(30代は日下公人。所有していた新規範発見塾20冊ほどは甥にプレゼントしてあげました)しておりました。マッキンゼーなどに入れるわけなかったのにです。それにしても在学中に宅建士(当時は宅建主任者)の資格を取る費用を父にねん出していただけたのは人生で最大の幸運でした。今まさに不動産関連の事業を起こそうと奮闘しておりますがこの幸運がなければ決起は不可能でしたから。大学卒業後は不動産賃貸業務からマンション分譲まで手掛けるやり手の経営者(今ではビル数棟所有の資産家)の元で働きつつもいつの間にか家業の手伝いへ。失われた10年を過ぎたころで飲食業界においては松屋やすき家の様なワンオペスタイルの定食チェーンの時代の到来を予言公言しておりましたが実家の飲食店は無事死人も出さずに廃業に至りました。が、その変遷も災い転じて福となすでハウスクリーニング業を営む師匠(命の恩人)との出会い、ハウスクリーニング業開業、と運命の数奇を感じずにはいられません。そうこうしている内に仕事、結婚、子育てオンリーの人生が12~3年ほど続きます。仕事上手で商売ベタのおかげでゲームも何もする暇がありませんのでいやが応にも仕事が上達してまたも‘運命の数奇’が到来。お風呂場のお掃除は誰にも真似ができない秘密の水あか除去方法を偶然にも開発してしまいます。実家の土地建物を旗艦に父は不動産管理会社を設立準備中。自分も負けてられないので売買不動産、任意売却での不動産ビジネスの起業開業構築を夢見て今日も現場で奮闘中という転がりまくりの人生がもうすぐ50周年です。と、モーレツな早口で語ってみました。生まれつき(いまだに)近眼と水あか除去方法のおかげでほかのふつうのハウスクリーニング職人の方々より体の疲労度が半分程度なので職人スタイルもまだ当分行けると思います。

●家族●

●ハウスクリーニング業を開業して3年目あたりですね。お見合いの話をいただきまして。結婚に至りました。

 自分は日吉、嫁は綱島と地元同士の見合い結婚です。40と36の高齢結婚でした。夫婦ともに生まれてこのかた地元民です。娘にも恵まれました。

 

家族写真

家族写真

PageTop